婚活経験ありの男性から見てお見合いの席で、「この人はきっと婚活に失敗するだろうな。」と感じたアラフォー女性の実例を紹介しますのでご参考になさってください。もちろん私もこのような女性とは二度と会いたくありませんでした。

1.「私は仕事を辞めたいから結婚したいんです。」
本音はそうかもしれませんが、初対面でいきなり核心を話されてもこちらとしては人助けで結婚するつもりはないので、話の中で仕事が大変なことを伝えるのはいいとは思うのですが、結婚の目的が仕事からの逃避となるとお相手も引いてしまうので、そこは少し押さえないと成功しないと思います。

2.「友達が年収○○○万円の人と結婚して毎月お小遣いを○万円もらっているので、私は絶対にそれを超えないと行けないんです。」
これも結婚の目的がお金や友達への見栄だったとしても初対面でいきなり切り出すのはどうかと思いますし、付き合っていても自分と友達の旦那さんを比較されるような話が出ると男性はいい気分ではないはずです。お相手と誰かを比べるような発言をあまりしない方がいいと思います。

3.「私は愛犬と二時間離れたら死ぬんです。○○ちゃんにいい思いをさせてあげたくて結婚したいんです。結婚してももちろん犬を飼ってもいいんでしょう?」
ペット愛に溢れている方なのはわかりますが、”離れると死ぬ”とまで言われるとどう答えたらいいのか?ペット好きの男性でも犬を可愛がることが目的で結婚したいと切り出されたら引くのではないでしょうか。

4.「私は絶対子供が欲しいんです。もう時間がないんです。あなた生殖能力に問題はないですよね。」
これも初対面でいきなり聞かれても、こちらも検査を受けたこともないので答えに困ってしまいます。
「お子さんは好きですか?何人ぐらい欲しいと思ってますか?」
くらいにソフトに聞いてみるくらいで止めた方がいいと思います。
これらの方が私とのお見合いの後無事結婚されたかどうか存じ上げませんが、かなりの苦労をされのではと感じました。心の中でどう思っていてもお相手にはわかりません。ですから初対面でこのようなダイレクトな発言は控えた方がいいのでは、と思います。